2020/01/10 00:00



◯飾る場所について 

絵を買ってどこに飾ろう?というのも、
楽しい考え事かと思いますが、
参考までにいくつか書いておきたいと思います。

日光や照明器具による劣化は、少しずつですが確実にあります。
太陽光や、絵に直接あてるようなライトを当て続けると、絵の色が褪せていきます。

部屋だとホコリ、
キッチン周りだと油分がついたりすることもあります。
私は自宅で飾っている作品は、
ホコリは柔らかい布でふわっと、はたく感じです。
キッチンに飾る場合は、油汚れは取るのは難しいので、
アクリル板や、ガラス板の付いている額装での保護が良いと思います。

カフェ等でも、絵の質感を楽しんでもらうために、
あえて額なしで飾って頂いているところが多いのですが、
キッチンに近い絵は10年でかなりベタっとしています。
キッチンから距離のある場所はそんなことは無いです。
絵の印象は少しづつ変化しているので、作者自身も”変化”に気づきづらいです。

ただ家だとキッチンにはよく立つので、絵があるのも楽しいですし、
日光が入る部屋に飾ると、光の差し込んだ絵や、影と光の模様と絵のコラボが見れて楽しいです。
暗い部屋に絵を飾って、スポットライトを当てると美術館気分も味わえます。
これは持ち主さんの ”絵と過ごしたい時間" によって決めて頂けたらと思います。

資産価値という絵の在り方、
今日を楽しむ一枚の絵という在り方。

HAMUの絵は
 "こどもが触って汚しても、それも一つの思い出”
 という気持ちで描いています。

どうかあなたの日々に、
絵が心地い存在となれますように。